ピートモス | Page 1 | ホワイトガーデンに憧れて… 白系バラと宿根草で庭づくり by 白庭
fc2ブログ

ホワイトガーデンに憧れて… 白系バラと宿根草で庭づくり by 白庭

白系の花やハーブでガーデニング。ポタジェで家庭菜園も。6年目でもまだ初心者です…。

お知らせ

テンプレートを変えました!レイアウトなど調整中です。

メールフォームを設置していましたが、うまく設定できていなかったのか、届かなかったメールがあったようです。申し訳ありませんでした。

お問合せなどございましたら、コメント欄からお願いします。

ピートモスは水を含むと重いのです  

昨日から一夜明け

20160318ピートモス

ピートモスは水を含んでくれました。

いよいよ、ブルーベリーを植え付ける場所に穴を掘ります。


ムムッ、スギナの根を発見!

20160318スギナ発見

そう、ここはスギナのホットスポット。

去年の夏、ひたすらに掘って取り除き、

今シーズンも芽が出たらすかさず取っていますが

このように、地中に根を張っています。


出てきた根は根気よく取り除きます。

20160318スギナ

根だけに根気よく・・・。


深さ30センチ、直径60センチ以上の穴を掘りました。


いよいよピートモス投入!

20160318ピートモス混ぜ込み

が、水を含んだピートモスは本当に重いです。

そして土に混ぜるのも大変です。

なので、一気に入れるのではなく、少しづつ梳きこむのが賢明だと

一気に投入してから気づきました。


土壌改良完成。

20160318ブルーベリー用土壌改良完成

スコップと鍬の放り出し加減に疲労感がにじみ出ています。

ピートモスと土がなじんでから植え付けた方がよいとのことなので

しばらくしてから、ブルーベリーを植えます。


この後、同様に2つ穴を掘り、ピートモスを梳きこみましたが

体力の限界&腰痛も心配で、今日はここまで。

失礼いたします。


地味な内容ですが、クリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ  

category: ブルーベリー

thread: ガーデニング - janre: 趣味・実用

tag: ピートモス  ブルーベリー  スギナ 
tb: 0   cm: 0

ピートモスは水を吸わないといったら吸わないのです  

ブルーベリーを植え付けるためにピートモスを梳き込んで

土壌改良をしようとしました。

「ピートモスは水を吸わないので、半日~1日の間

水につけてから混ぜること」と、園芸本に書いてあります。

書いてありますけど、

え?土に混ぜてからお水をかけるのではダメなの?

と、心のどこかでたかをくくっていました。


マニュアルでは、バケツにピートモスを入れて水を足した画像が載っていました。


でも、今回100リットルのピートモスなので

袋に切り込みを入れて、そこからお水を入れちゃえばいいんじゃない?

ハンバーグとか、鶏肉のからあげの味付けのように

ビニール袋に入れて、モミモミ、手も汚れな~い的に。

ナイスアイデア!と、意気揚々と写真を撮ったりしましたが

20160317ピートモスお水

何というか、水とピートモスが分離するというか

水が染み込む部分が少ないというか

やっぱり吸わないのです。

バケツに3杯水を入れても、底の部分に水が溜まってしまうので

結局、開封して手で混ぜ込みました。

水を吸わず、乾いているのわかりますか?

20160317ピートモス開封


ピートモスは匂いもなく、素手で触っても良い感触です。

が、水は吸いません。


2袋目は、縦に袋を開け、上から水を足してみました。

20160317ピートモス縦

こちらの方がまだ、よかったか?

上から見ると、ぬか床っぽい感じです。

20160317ピートモスぬか床

100リットル以上の水を入れましたが、

まんべんなく水が回ったかはわかりません。

明日、開けてみます。

それにしても、素人の勝手な判断で

乾いたピートモスを土に混ぜてしまわなくて

本当によかったです。


「ピートモスは、世界的に需要がひっ迫しているから

なるべく使わない。」とベニシアさんが言っていました。



このバックヤードで、こんなにたくさん使ってしまって

申し訳ない気持ちになりますが、ひとかけらも無駄にしないように

がんばって梳きこもうと思います。


↓今日も応援のクリックをお願いいたします
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ  

category: ブルーベリー

thread: ガーデニング - janre: 趣味・実用

tag: ピートモス  バックヤード  ベニシア  ブルーベリー 
tb: 0   cm: 0

待ちに待ったブルーベリーの苗が大関ナーセリーから届きました  

「待ちに待った・・・」と言うと

大関ナーセリーさんに待たされたような印象になってしまうといけません。

そうではなくて

たくさんあるブルーベリーの品種の中から

育て方を調べたり、何本植えようか、どこに植えようか

迷いに迷って結局、えいやっ、と決めたブルベリーの苗が

注文後、迅速に届きました。

というのが正解です。

20160315ブルーベリー箱

そもそもバックヤードでガーデニングを始めるにあたって

ブルーベリーを植えて実を収穫できたら

ジャムやマフィンを作ってみたい・・・という希望のもと

ブログのハンドルネームにもベリーを取り入れたりしたのでした。

それから庭のデザインを考えたり

石を敷いたり草を取ったり宿根草を植えたりして

現在に至る、です。

なので、ブルーベリーを植えたい!と思ってから

苗が届くまで、待ちに待ったと感じてしまいました。

ユミベリーと申します。

改めまして、よろしくお願いします。


今日は風が強かったので、箱から出すのは明日にしました。

でも、一刻も早く箱から出すべきだったのでしょうか?

ヤキモキします。


こちらは、ずいぶん前から気合を入れて購入した100L入りのピートモスです。

20160315ピートモス

20Lの牛ふんの袋と並べると、その迫力がわかるでしょうか?

本当は苗を迎える前に土にすき込んでおきたかったのですが

植える場所が今一つ決め切れず、苗と対面してからにしようと

延期してしまいました。

100L入りのピートモス、もう一袋買ってあります。

がんばります。


↓応援のクリック、↓今日もお願いします↓
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ  

category: ブルーベリー

thread: ガーデニング - janre: 趣味・実用

tag: ガーデニング  バックヤード  ブルーベリー  ピートモス 
tb: 0   cm: 0

Welcome to White Garden

白庭のプロフィール

カレンダー

月別アーカイブ

QRコード

RSSリンクの表示

http://backyardstory.jp/ 2021-12-01 daily 1.0